子供に対する教育に関しては時代に応じて変わってきています。

社員教育をする際に考える事

教育はは子供とのコミニュケーション

社員教育をする際に考える事 子供に対する教育に関しては時代に応じて変わってきています。その為、何が正解とかはありません。子供の個性に合わせて大人がしっかり会話をしてコミュニケーションを取っていくことが一番です。やり方は家庭によって方法はさまざまですが、最近のニュースでよく度が過ぎるくらい叩いたりというようなニュースがあります。これははっきり言って親のストレス発散の為だけであって絶対にやってはいけないことです。

まずは子供としっかりコミュニケーションをとって何がいけなくて、何がいいかをしっかり親が何度も何度も教えてあげることが必要です。よくプロのスポーツ選手が言うことで自分のものにするには反復練習しかないとよく言います。教育も同じで一回いうだけではすぐに忘れてしまいます。間違っていることに対してはしっかり何がいけないのかを言葉で何回も注意していくことで子供は覚えていきます。叩いて怯えさせて次にやらないようにするのは楽です。ただそれは教える側が楽をしたいだけです。教育は親の大変な仕事の一つです。その成果が子供になるということを親は自覚しなければいけません。

サイトリンク

Copyright (C)2019社員教育をする際に考える事.All rights reserved.