少子化や待機児童の問題などを背景に、保育士に対する期待はますます大きくなってきていると考えられます。

社員教育をする際に考える事

保育士教育で大切にしておきたいこと

社員教育をする際に考える事 少子化や待機児童の問題などを背景に、保育士に対する期待はますます大きくなってきていると考えられます。そこで、ここからは保育士の教育で大切にしておきたいことをいくつか挙げてみることにします。まずは、倫理観をしっかり養うことが大切になります。

倫理観を養うためには、これまでの児童福祉の歴史や現状など、座学をしっかり固めると同時に、様々なケーススタディを通して、実際に対象者から学ぶ姿勢も大切になると考えられます。また、必要な知識や技術を教育していくことも大切です。例えば、保育ソーシャルワークなどの技術論や、技術を支える様々な先人たちの理論などに関して、理解を深めていくことが大切でしょう。

これ以外にも、子どもの発達や心理、諸外国の保育の現状など、様々な知識を横断的につけていくことも大切になると考えられます。保育士教育で気をつけておきたいことは、教える側教えられる側の置かれている状況によっても変わり得ます。それぞれが自分たちの置かれている状況を適切に評価し、必要な努力をしていくことが大切です。

サイトリンク

Copyright (C)2019社員教育をする際に考える事.All rights reserved.