小学校、中学校と公立に進む場合、初めて受験を経験するのが高校受験となります。

社員教育をする際に考える事

子供の教育で大学進学のため塾に行かせる学年

社員教育をする際に考える事 小学校、中学校と公立に進む場合、初めて受験を経験するのが高校受験となります。人によって異なりますが、高校受験時に塾に行かせることもあるでしょう。これは大学進学時も同じになります。高校在学時に大学受験の準備をすることになります。子供の教育の中では、いつから塾や予備校に行かせるのが良いかです。

金銭的な余裕があるなら、もちろん1年のときからになります。高校1年は高校受験が終わってほっとしたころです。高校受験で頑張りすぎた人は、一気にだらけます。でも塾に行くことで、勉強の習慣を維持することができます。高校1年のときにだらけると、結局2年や3年にしわ寄せが行き、時間が足りなくなることがあります。

現実としては、高校3年から行かせることが多いようです。1年と2年にしっかりと勉強ができていれば、3年の授業と並行して受験用の勉強ができます。3年からのコースも多くあるので、遅いわけではありません。難関校を目指すときは、厳しいこともあります。

サイトリンク

Copyright (C)2019社員教育をする際に考える事.All rights reserved.